土地/住宅/不動産の相続税対策 | 遺産相続税、申告の前に!税金・税額の計算・評価方法と節税対策






27
3月
Vancouver West End

Image by Stewart via Flickr

————————————————
■節税対策 不動産
————————————————

不動産の相続税評価額には、路線価を利用する。

路線化とは実勢価格(実際に取引されている価格)の6割~7割の価格である為、相続税評価額を下げることが出来る。

※ちなみに、国土交通省が公示する公示価格は実勢価格の8割~9割が目安。国税庁が公示する路線価や8割が目安。その他、市区町村が決める

固定資産税評価額などもある。

特に高層マンションの高層階は節税効果はより高くなる。マンションが立地している路線課が基準になるだけで、その上の階(見晴らし等)は考

慮に入らないからだ。

————————————————
■節税対策 不動産 小規模宅地評価減
————————————————

自宅住居や事業用の土地(事務所、賃貸マンション、駐車場)については、相続税を計算する際、80%もしくは50%減額できる。

その為、評価額1億円の住居の場合、広さの規制はあるものの、2000万円にまで減額され、たいていの土地所有者は無税か、大幅に税金をカ

ットできていた。

住居を継続する場合、240平米までを上限に、80%の軽減処置をうけられるが、住居を費継続にする場合、軽減処置がなくなった。1億円の

別居の父親が死亡した場合、そっくり子供の課税対象となる。

対策1
上記の節税対策は、死亡前から同居し、相続税の深刻期限である死亡後10ヶ月間その住居に住めば240平米まで80%の評価減の特例が認め

られる。
申告期限後であれば、家を売却しても良い。

対策2
また、同居していなくても生計を1つにしている子であれば評価減の適用が受けられる。その場合は、親の生活費を前面的にだしているなどの客

観的な根拠が必要になる。

対策3

その他、相続人である子やその配偶者が自宅を保有せず、借家暮らしならば特例が適用される。相続開始前の3年以内ずっと借家の状態で、相続

した土地を相続開始から申告期限まで保有するという条件を満たせば可能。

対策4

親の生前に賃貸物件とする。貸家扱いとなり、相続時に200平米までは50%の減額が認められる。

————————————————
■節税対策 注意点 賃貸併用住宅
————————————————

これまでは、小規模宅地評価減が適用されて、節税対策として有効だった、賃貸併用住宅についても、税制か改正され、これまで全て住居用とし

て240平米まで評価額の80%まで減額できていたものが、今後は減額できるのは住居分のみで、貸付部分は50%の減額にしかできなくなっ

た。

Enhanced by Zemanta
Category : 節税対策/不動産

現在、コメントフォームは閉鎖中です。