相続人の優先順位 | 遺産相続税、申告の前に!税金・税額の計算・評価方法と節税対策






27
3月
Familytree of Lin family

Image via Wikipedia

————————————————
■相続の優先順位
————————————————

夫が志望したとき
1:配偶者の妻は常に相続人となる

2:子供がいる場合は第一順位の相続人となる
※子供が既に亡くなっている場合は、孫・曾孫・・・が相続人となる。

3:子も孫もいない場合は、夫の父母が第二順位の相続人となる
※父母ともになくなっている場合は、祖父母・・・が相続人となる。

4:第二順位の相続人がいなければ、夫の兄弟姉妹が第三順位の相続人となる
※兄弟姉妹の子まではみとめられるが、その甥や姪の子は相続人になれない

————————————————
■法廷相続分(相続配分/分け前)
————————————————

夫が無くなり、妻と子がいる場合は
1:妻が1/2、残りの1/2を子供が均等に分ける

2:子がなく、夫の父母がいる場合は、妻が2/3、夫の両親が1/3になる

3:子も夫の父母もいない場合、妻は3/4、兄弟姉妹が1/4を受け取る

※養子の場合も実子と同じ相続権がある
※また、養子が実親がいる場合は、養親と実親の両方の相続権がある

※愛人に子供が出来ている場合は、通常の子の1/2の相続権となる

※遺言書に相続分が掛かれていない親族でも、最低限の遺産をもらう権限が設定されており、遺留分という

————————————————
■申告忘れ、申告漏れのペナルティ
————————————————

相続税の申告漏れ、申告忘れのペナルティは、利用できるメリット(節税効果)が利用できないだけでなく、延滞や無申告加算税などが課せられ

る場合がある。

Enhanced by Zemanta
Category : 優先相続人

現在、コメントフォームは閉鎖中です。