申告手続き | 遺産相続税、申告の前に!税金・税額の計算・評価方法と節税対策





申告手続き

27
3月

申告の手続きと相続対象遺産

Posted by 申告の手続きと相続対象遺産 はコメントを受け付けていません。

Yay legal documents!

Image by ifindkarma via Flickr

—————————————–——-
■手続き
————————————————

1:親の死後、7日以内に死亡届を出す

2:3ヶ月以内に、遺言書があるかどうかを確認する

3:戸籍謄本などによって相続する権利のあるひとを確認する

4:財産、負債を洗い出して、財産目録の作成

5:相続する権利のあるひとに、相続(放棄)する意向を確認する

6:遺産分割について確認し、遺産を分配する

7:不動産、銀行口座等の名義変更を行う

————————————————
■遺産分割協議書の作成
————————————————

相続人の間で合意した内容を対外的にも証明する為の書類であり、講座の名義変更や不動産の登記申請書への添付などに利用される。

遺産分割は、民法上は期限が設けられていないので、5年後や10年後でもかのう。

ただ、相続税の納税が必要な場合、死後10ヶ月以内に遺産分割が確定していることが、配偶者の税額減税や小規模宅地評価減などの特例を受け

る為には必要なので、早めに作成するに越したことは無い。

————————————————
■相続の対象となる遺産とは
————————————————

・有形資産
土地建物
現金預金
株券
債券
ゴルフ会員証
自動車
貴金属
骨董品
美術品
家財
墓地、仏具

・無形資産
特許権
著作権
など

・その他
死亡保険金
死亡退職金
等もある

これらは「みなし相続遺産」とよばれ、一定の金額は非課税となっている。

・マイナスできる資産は
負債
葬式費用
が遺産総額から差し引くことが出来る

Enhanced by Zemanta
Category : 申告手続き | Blog